赤い青春18きっぷ2016年冬

aka2016fuyu.jpg

とうとうこの「赤い」青春18きっぷは今回2016年冬で販売が終了になります。
だんだん販売駅が少なくなって購入できない地方が増えていました。
私は毎回販売されていない地方の友人に頼まれて買っていましたが、それも今回で最後となります。

発売日の今朝6:30にJR仁豊野駅に行くと既に10人以上が並んでいました。
mibunoeki.jpg

窓口が開いた7:10には20人を超える行列ができていました。

これまでの購入記事はこちら↓
2016夏
2016春
2015冬
2015夏
2015春
2014冬
2014夏
2013冬
2013夏

堀川ひとみnewアルバム「VECTOR」

CuQk1iVUsAEkoti.jpg

堀川ひとみさんが6年ぶりのアルバム「VECTOR」を発売します!
これまでのアルバムでは、少数派の人々が抱える一般には理解してもらえないつらさを見事に浮き彫りにしていました。それでいて一般との理解と融和への道も示していたのです。私にとって堀川ひとみさんの歌は、我々ビルメン労働者にも応援と昇華への道を示してくれているようで好きです。
新たなアルバムでは応援エネルギーが様々どんな方向へ発展・昇華して行っているのか楽しみです。

当ブログカテゴリ「堀川ひとみ」も参考にしてくさいね。

オフシャルHPはこちら Hitomi Horikawa Official Web
公式ブログ 「堀川ひとみ-禁断のmy room-

明日11/3(木・祝)の発売日は東京で発売記念ライブがあるそうです。

CB無線機が新発売されていた!

SR-01.jpg
↑クリックで拡大します。
サイエンテックス社の新CB無線機SR-01

CB無線とは免許不要の無線のひとつです。最近ではライセンスフリーラジオなどとも言われているようです。
周波数は27MHz帯の8chで出力は0.5W、電波型式はAMのみ。アンテナの長さは筐体に付属するもので2m未満とされています。
CB無線はアチュア無線と比べて出力やアンテナの制約が強いですが、その中でいかに電波を飛ばすかという楽しみがあります。夏場はスポラディックE層が発生すれば何百km先の局とも交信できますし、稀な例ではTEP伝搬でオーストラリアと交信した人もいます。

私は資格ブログをやっている立場ですから、資格不要のCB無線の魅力を書くのは一見変な感じですが、それだけCB無線には魅力があるのです。

CB無線機は事実上、自作機が使えないことからメーカー製品を使うしかありません。これまでは新たにCB無線を開局しようとすると2000年あたりを最後に発売するメーカーが無かったので中古を探すしか手はありませんでした。しかし中古を入手できても2022年には法的にこれらの中古も使えなくなります。CB無線は2022年以降廃止の危機にありました。

この危機をクリアしたのがサイエンテックス社の新製品CB無線機SR-01です。
法的な問題(旧技術基準適合証明機は2022年以降使えない)をクリア。新技術基準適合証明を受けています。
使用感も良いようでYouTubeにたくさん方が動画をアップされています。





ブログ開設から5年 ~なんとかビルメンの日々

unkai.jpg

昨日9/1でこのブログは満5年になりました。
いつも閲覧して頂きありがとうございます。
6年目もよろしくお願いします。(^-^)

昨年入社したビルメン会社勤務はまだ続いています。
本当にこのご時世にありがたいことだと思っています。
資格は不合格続きであまり取れていませんが、参考になる記事作りをしていきます。

写真は兵庫県北部で5月に撮ったものです。
この写真のように雲ひとつ抜け出た目標に達したいものです。

談合?

Vberuto.jpg

かつて在籍していたビルメン会社であった入札の話です。

本社が30人ほどの小さな会社だったので人手が回らなくなることがたびたびありました。
ある日、部長から代わりに入札に行ってきてくれないかと言われたのです。
入札物件はある地方公共団体のスポーツ施設の管理業務でした。

そして入札の日。

入札など初体験だった私は、わけのわからないまま役所の入札会場へ委任状(部長の代わりである旨を証明する書面)と入札金額が書いてある封筒を持って行ったのでした。会場には10社ほどが来ていました。私は全員ライバルというか敵だと思っていたのでかなり警戒していました。

ところが10社とも非常に和やかな雰囲気で名刺交換をしていたのです。私はこれから競い合う人たちがこんなにも和やかにしているのが解せませんでしたが、いつの間にか私も和やかな雰囲気に溶け込んでいました。

そして入札。

緊張してたのは私だけのよう。結局うちの会社は落札できませんでした。入札額は850万円。落札した会社は650万円で取りました。他社もうちの会社と同様に落札額から結構離れた額を入札していました。入札が終わった瞬間からまたあの和やかなやり取りが始まりました。

後日、私は社内で「協力入札」というものがたびたびあると聞かされました。おそらく私が行った入札も「協力入札」だったのでしょう。
プロフィール

赤い左辺

Author:赤い左辺
資格で就職に何度も失敗しました。40を過ぎてから資格取得は、マイペースな趣味にしていこうと決めました。
資格じゃない記事も書きます。そっちがメインかも?(^^ゞ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる