不合格!甲種危険物

fugoukakukikenkou01.jpg
fugoukakukikenkou02.jpg

うわー!\(*o*)/
ぎゃー!\(ToT)/
ひー!\(@@)/

停電点検を通してビルメンを考える

roosutobiifudon.jpg

画像は本文と関係がありません。私が最近食べたローストビーフ丼の写真です。(^o^)
今回は最近、電気主任技術者の補佐で年次停電点検に携わったことを書いてみます。

停電点検は年一回することになっています。
しかし、私のいる現場では、全館停電をせずに、3分の1だけ停電させて行います。次年度は別の3分の1、さらにその次の年度は残りの3分の1をします。
いわゆる無停電点検の制度を利用すれば、停電は3年に1回で良いので、このような形をとっています。

今回私は電気主任技術者監督のもとで、停電点検の一部の手順書を作成しました。(私のいる現場は77kv受電なので電気主任技術者は電験2種の方がしています)

しかし実際に手順書の作成にとりかかると、なかなか進みませんでした。難しいというより、緊張するのです。一歩間違えると大事故になり、巨額の損害発生だけでなく、人命も簡単に奪う事になるからです。ようやく手順書が出来上がっても、複数の人の厳しいチェックがありました。みんな緊張してるのですね…

そして本番。

私の作った手順書で、実際に遮断器や断路器等の操作をするのは一種電気工事士の人でした。
作業開始前に、その人は緊張して何回もトイレに行って、なかなか作業着手できませんでした。

一通り点検が終わった結果、異常は無く、今回の停電点検は無事に終わりました。
実際の操作をした一種電気工事士の人は、もうヘトヘトで魂が抜けたようでした。本当にお疲れ様です。でも一番プレッシャーがあったのは電気主任技術者ではないかと思います。


今回の停電点検を通して感じたのですが、電気主任技術者に選任されたら、ビルメンという仕事の良い部分を満喫できなくなるという事です。ビルメンの良いところは、給料の安さを我慢すれば、マッタリできるところです。
私は電験2種を持っていないので、この現場にいる限り選任されないので大丈夫ですが。(^^ゞ

もし電気主任技術者に選任されて働く場合、責任の重さや、それに見合う給料かなどを考慮すると、ビルメンの外の世界へ出るのも一つだと思います。

消防設備士(甲種第1類)

shouboukou1omote.jpg
shouboukou1ura.jpg
2018(平成30)年2月取得

この資格は2年前に受けて不合格でした。
当時の記事はこちら
敗因は実技試験の出題傾向を掴みきれなかったことにありました。

筆記試験に関しては、市販の参考書は出題範囲をすべてカバーしてるとは言えません。本番では知らない問題が出てきます。
しかし、1冊勉強すれば筆記は60%には達すると感じました。

実技試験は鑑別問題と製図問題に大別できます。製図問題はパッと見て解けそうになくても、じっくり考えているうちに正解に近付けることができますし、手書きなので部分点も期待できます。
厄介なのは鑑別問題です。消防設備の写真や図が示してあって、「名前を書け」・「働きを述べよ」という問題が多いですが、知らない物が出てきたときは答えようがありません。考えても知らない物の名前なんてたどりつけません。2年前の敗因はここにありました。

今回は参考書を2冊にしてのぞみました。
下の写真の右側のTAC出版の参考書をメインに使用して、実技試験の補足に左側のオーム社の参考書を使用しました。
shouboukou1text.jpg
今回受けた鑑別問題では、片方の参考書には載っていない物もあり、やはり2冊でのぞんで良かったです。
しかし、この2冊でも2年前に受けたときに出題されたもの全てはカバーしきれていません。

過去問が公表されてない状況下では参考書に完璧は求めにくいようです。完答よりも合格ラインである60%を突破できる地道な勉強がいいのではないかと感じました。

一冷取得命令を辞退

fujisanomori.jpg

今回の写真も記事と関係がありません。(^^)
これは新幹線から富士山を写したときに、架線用おもりとコンクリート柱が入り込んでしまったものです。綺麗に斜めに引き延ばしたように写っています。私には不思議な一枚です。スピードのせいなんでしょうか。

さて本題です。

最近、職場の上司から第1種冷凍機械責任者の免状を取得するように指示されました。
上司いわく、4月に開催される3日間の技術検定講習を修了して、11月の本番試験を2科目免除で受けてこいとのことでした。

しかし私は受けたくありませんでした。第3種冷凍機械責任者でさえ取得に10年もかかった(当ブログ記事はこちら)からです。

上司に辞退したいと言ったところ、かなり食い下がられました。
結局、3月と10月に他の試験を受けるという条件で辞退を受け入れてもらえました。
3月に甲種危険物、10月に建築物環境衛生管理技術者という具合です。

どちらの資格も暗記の部分が多いらしく、早く取るに越したことはありませんが・・
この年齢になると、考える試験問題には年齢は関係ないのがわかりますが、暗記ものの試験問題の方はキツくなっているのがわかります。

腰痛が一撃で吹き飛ぶツボを発見

ken.jpg

私は腰痛持ちになってから20年以上たちます。
湿布を貼ったり、腰痛体操というのをやったりして、ある程度は痛みが緩和する程度でした。腰痛は一生付き合っていかなければいけないものだと、なかば、あきらめていました。

ところが最近、家にあったツボ押しグッズを体中に押し当てていた時に、偶然に腰痛が一瞬で吹き飛ぶツボを発見しました。
下の写真は、そのツボ押しグッズです。(使い古していくつか突起が脱落しています)

hikou.jpg

布団で体の左側を下にして横になっている時でした。
このツボ押しグッズを腰と布団で挟んだ時に、腰の左半分の痛みが一気に無くなったのです。さらに、体の右側を下にして同じことをしたら、腰の右半分の痛みが一気になくなりました。

20年以上苦しんできた痛みが嘘のように無くなってビックリしました。
痛みがなくなって初めて、寝ている時も起きている時も、ずっと痛みのストレスにさらされきてた事に気づきました。
健康な頃の体を思い出して、取り戻せて凄く晴れ晴れした気持ちになれました。

正確なツボの位置を下記のイラストに記します。

hidebu.jpg

骨盤と大腿骨の出っ張りの間がツボです。左右あって、それぞれ腰の半分ずつ痛みが取れるようになっています。

この方法は劇的に治った分、副作用があるかもしれませんが、現在のところ確認はできていません。安全性は確認できていませんので、試したい方は医師との相談の上実行してみてくださいね。
プロフィール

赤い左辺

Author:赤い左辺
資格で就職に何度も失敗しました。40を過ぎてから資格取得は、マイペースな趣味にしていこうと決めました。
資格じゃない記事も書きます。そっちがメインかも?(^^ゞ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる