工事担任者(アナログ・デジタル総合種)

koutan.jpg
1998(平成10)年2月取得

旧制度ではアナログ種、デジタル種と別れていました。その両方の範囲を網羅したのがアナログ・デジタル総合種です。ちなみに現行制度ではAI種、DD種と別れており、その両方を網羅したものにAI・DD総合種があります。

僕は今から23年前の1989年(平成元年)にアナログ3種を受験しました。結果は1科目(基礎)のみの合格でした。過去問題を一切勉強せずに参考書だけで勉強したので、本番では問題の質に違和感をおぼえて難しく感じました。過去の問題に目を通すことは大事であると痛感した出来事でした。

それから8年後にアナログ・デジタル総合種を受験しました。
今度は過去問題を入手したので、以前より勉強の進み方がスムーズでした。第1級陸上無線技術士の免許によって「基礎」が免除となり「理論及び技術」と「法規」に勉強を集中できました。とはいえ「理論及び技術」はアナログ・デジタル両方の広い範囲にわたっていたので覚えるのは大変でした。

特にデジタル分野は馴染みが無くて苦労しました。
そのため理解できなくても「この言葉が来た時にはこう答える」という方法で覚えていきました。

実際の試験は「理論及び技術」が自己採点で60%ちょうどでした。アナログ分野で点数を稼いでデジタル分野をフォローしていたようです。
スポンサーサイト

電気通信主任技術者(第1種伝送交換)

dentuu.jpg
1998(平成10)年10月取得

当時、電気通信主任技術者は次の3資格に分かれていました。

第1種伝送交換主任技術者
第2種伝送交換主任技術者
線路主任技術者

現在では第1種、第2種は統合されて単に伝送交換主任技術者となっています。
第1種伝送交換主任技術者の試験は4科目あり、

1.電気通信システム
2.専門的能力
3.伝送交換設備及び設備管理
4.法規

となっていました。
1と2の科目は第1級陸上無線技術士の免許により免除となり、4は関係法令に一通り目を通して問題を繰り返し解くことで合格できました。
苦労したのは3の科目です。
当時の解答方式は記述式で、うまく文章を書くことができなかった為に合格することができませんでした。
ところが受験3年目に試験が記述式から多肢選択(マークシート)式に変わって合格できました。

この試験の勉強でもっとも苦労したのは過去問題が入手しにくいことでした。いろんなところから過去問題をかき集めるだけでかなりの期間を費やしました。今考えるとそれだけの労力や時間をかけるなら、少々高くても数年分まとまった過去問題集を買った方がはるかに効率的でした。
プロフィール

赤い左辺

Author:赤い左辺
資格で就職に何度も失敗しました。40を過ぎてから資格取得は、マイペースな趣味にしていこうと決めました。
資格じゃない記事も書きます。そっちがメインかも?(^^ゞ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる