fc2ブログ

特種消防設備点検資格者

tokushushoubsousetubitennkennsikakusha.jpg
2023(令和5)年10月取得

この資格について

この資格は消防設備点検ができる資格です。
点検できる消防設備の種類によって第1種、第2種、特種の3つがあります。

(第1種)
1類、2類、3類、6類
(第2種)
4類、5類、7類
(特種)
特類

第1種、第2種の当ブログ記事については下記リンクをクリックして下さい。
第1種消防設備点検資格者
第2種消防設備点検資格者

講習・試験

第1種、第2種と変わらない形式でした。講習では講師が「ここが重要です」と言った箇所が試験に出て、試験はテキスト持ち込みOKでした。私は特類の設備=特殊消防用設備とはどんなものだろう?と思ってたのですが、講習のほとんどは特類以外の消防設備全般の復習や、特類の法的位置づけが大部分でした。私が知りたかった特類そのものについては、サラッと流した程度でした。

特殊消防用設備

消防設備士でいう特類は特殊消防用設備をいいます。1~6類に単純に新らしい類が加わったわけではありません。他類とは認定が大臣認定であったり法的位置づけが違います。認定件数もかなり少なく、令和3年3月31日で、10種類・73件しかありません。
tokushushoubou03.jpg
講習テキストより

10種類とはいっても内容は多岐にわたっていて、講習で一つ一つ具体的に説明する時間は無かったと思われ、サラッと流した程度だったのだと思います。

スケジュール

講習9/5〜9/7
合格発表日9/27
免状発送10/16
スポンサーサイト



消防設備士(甲種第2類)

shouboukou2.jpg
shouboukou2-2.jpg
2023(令和5)年10月取得

今回の資格は5回目の受験でようやく合格しました。
なかなかうまくいかずに約1年間も受験し続けました。今回は駄目な観点から反面教師的な記事を書いてみます。

数を打つ

shouboukou2-01.jpg shouboukou2-02.jpg
shouboukou2-03.jpg shouboukou2-04.jpg
上記は不合格通知の写真です。小さくて見えにくいですがそれぞれクリックで拡大します。写真は受験順で、それぞれに得点が書いてありますので参考にしてみてください。

免除で失敗

5回の受験のうち、最初の3回は免除を使いました。特に2回目59%、3回目59%であとわずかという所で筆記突破に失敗しています。免除はある程度得点の見込みがある場合に使うのが良いと思いました。

参考書を渡り歩き

私は参考書を結局3冊も買いました。参考書はそれぞれにレイアウトや表現が違っていたりします。それぞれに合わせて読んでいくのは力の分散につながったのかもしれません。

他県で同問題出題

複数回受験していると同じ問題が他県で出てている事に遭遇しました。しかし私は試験後の復習などしていなかったので、チャンスを活かせませんでした。特に製図試験の1問が他県で出た問題だったのに解けなかったときは何と残念な事をしたのかと思いました。たとえ他県の情報であっても、情報収集できるのであればやっておいた方が良いと思います。

第2種消防設備点検資格者

shoubousetubitennkennsikakusya2.jpg
2023(令和5)年4月取得

この資格は消防設備点検ができる資格です。
点検できる消防設備の種類によって第1種、第2種、特種の3つがあります。

(第1種)
1類、2類、3類、6類
(第2種)
4類、5類、7類
(特種)
特類

消防設備士資格で点検するには、類ごとの資格が必要ですが、消防設備点検資格者資格の第1種・第2種では一度に3〜4種類の点検ができます。しかも消防設備士と違い、講習で資格を取得できます。

講習

3日間ありました。会場で講師の講義を朝から夕方まで聞く形式で、最終日に試験があります。

試験

テキスト持込みOKです。
講義中に講師が「ここが重要です」と言った箇所が試験に出ますので、漏らさずチェックしていれば大丈夫です。
しかし試験はかなり難しいので、チェックを漏らすとテキストから探すのが大変です。講義中に居眠りをしてしまうと致命的ですので注意が必要です。

付箋(ふせん)

私は一週間違いで第1種、第2種の順に受講しました。最初に第1種を受講したとき、講師が「ここが重要です」と言ったテキストの箇所に下線を引いただけでした。講義が終わってみると、この箇所が50箇所以上になり、試験中はテキストから重要箇所を探すのに時間がかかりました。最後に時間が足りなくなって、5問くらいテキストを使わずに自力で解くハメになり焦りました。

一週間後の第2種では、この反省から重要箇所に付箋を貼ったら、時間に余裕をもってスムーズに試験を回答できました。

スケジュール

第1種
講習3/1〜3/3
合格発表日3/29
免状発送4/14

第2種
講習3/8〜3/10
合格発表日3/29
免状発送4/14

第1種消防設備点検資格者

shoubousetubitennkennsikakusya1.jpg
2023(令和5)年4月取得

この資格は消防設備点検ができる資格です。
点検できる消防設備の種類によって第1種、第2種、特種の3つがあります。

(第1種)
1類、2類、3類、6類
(第2種)
4類、5類、7類
(特種)
特類

消防設備士資格で点検するには、類ごとの資格が必要ですが、消防設備点検資格者資格の第1種・第2種では一度に3〜4種類の点検ができます。しかも消防設備士と違い、講習で資格を取得できます。

講習

3日間ありました。会場で講師の講義を朝から夕方まで聞く形式で、最終日に試験があります。

試験

テキスト持込みOKです。
講義中に講師が「ここが重要です」と言った箇所が試験に出ますので、漏らさずチェックしていれば大丈夫です。
しかし試験はかなり難しいので、チェックを漏らすとテキストから探すのが大変です。講義中に居眠りをしてしまうと致命的ですので注意が必要です。

付箋(ふせん)

私は一週間違いで第1種、第2種の順に受講しました。最初に第1種を受講したとき、講師が「ここが重要です」と言ったテキストの箇所に下線を引いただけでした。講義が終わってみると、この箇所が50箇所以上になり、試験中はテキストから重要箇所を探すのに時間がかかりました。最後に時間が足りなくなって、5問くらいテキストを使わずに自力で解くハメになり焦りました。

一週間後の第2種では、この反省から重要箇所に付箋を貼ったら、時間に余裕をもってスムーズに試験を回答できました。

スケジュール

第1種
講習3/1〜3/3
合格発表日3/29
免状発送4/14

第2種
講習3/8〜3/10
合格発表日3/29
免状発送4/14

不合格!甲種危険物

fugoukakukikenkou01.jpg
fugoukakukikenkou02.jpg

うわー!\(*o*)/
ぎゃー!\(ToT)/
ひー!\(@@)/
プロフィール

赤い左辺

Author:赤い左辺
資格で就職に何度も失敗しました。40を過ぎてから資格取得は、マイペースな趣味にしていこうと決めました。
資格じゃない記事も書きます。そっちがメインかも?(^^ゞ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる