停電点検を通してビルメンを考える

roosutobiifudon.jpg

画像は本文と関係がありません。私が最近食べたローストビーフ丼の写真です。(^o^)
今回は最近、電気主任技術者の補佐で年次停電点検に携わったことを書いてみます。

停電点検は年一回することになっています。
しかし、私のいる現場では、全館停電をせずに、3分の1だけ停電させて行います。次年度は別の3分の1、さらにその次の年度は残りの3分の1をします。
いわゆる無停電点検の制度を利用すれば、停電は3年に1回で良いので、このような形をとっています。

今回私は電気主任技術者監督のもとで、停電点検の一部の手順書を作成しました。(私のいる現場は77kv受電なので電気主任技術者は電験2種の方がしています)

しかし実際に手順書の作成にとりかかると、なかなか進みませんでした。難しいというより、緊張するのです。一歩間違えると大事故になり、巨額の損害発生だけでなく、人命も簡単に奪う事になるからです。ようやく手順書が出来上がっても、複数の人の厳しいチェックがありました。みんな緊張してるのですね…

そして本番。

私の作った手順書で、実際に遮断器や断路器等の操作をするのは一種電気工事士の人でした。
作業開始前に、その人は緊張して何回もトイレに行って、なかなか作業着手できませんでした。

一通り点検が終わった結果、異常は無く、今回の停電点検は無事に終わりました。
実際の操作をした一種電気工事士の人は、もうヘトヘトで魂が抜けたようでした。本当にお疲れ様です。でも一番プレッシャーがあったのは電気主任技術者ではないかと思います。


今回の停電点検を通して感じたのですが、電気主任技術者に選任されたら、ビルメンという仕事の良い部分を満喫できなくなるという事です。ビルメンの良いところは、給料の安さを我慢すれば、マッタリできるところです。
私は電験2種を持っていないので、この現場にいる限り選任されないので大丈夫ですが。(^^ゞ

もし電気主任技術者に選任されて働く場合、責任の重さや、それに見合う給料かなどを考慮すると、ビルメンの外の世界へ出るのも一つだと思います。
スポンサーサイト

ビルメンの心を歌うシンガー 堀川ひとみ



今回はビルメンの心を歌ったかのような曲の紹介をします。

ビルメンの仕事は、世間で言う少数派の人々が多い職業です。
普通だの常識だのから外れているという事で、肩身の狭い思いをされてきた人も多いでしょう。

特に30年前のバブル期の学校・社会では、単一の価値観で人の程度を決める傾向が強い世の中でした。
私はその頃が一番生きづらかったです。
現在のほうが景気はずっと悪いですが、多様な価値観が認められるようになり、幾分生きやすくなったと感じます。
とは言え、あいかわらず多数派からはこぼれ落ちてビルメンに流れ着いています。

「なんでそれが普通なの?」
「誰が決めた基準なの?」

そんな歌詞が私の心にヒットした「教えてください人間様」。
シンガーソングライター堀川ひとみさんの曲です。
他にも堀川ひとみさんの曲は少数派の心の琴線に触れるものが非常に多いです。


因みに昨年出た6年ぶりのアルバム「vector」では、少数派を世の中への融和へいざなう進化が見られます。


ブログ開設から6年 ~どっぷりビルメンの日々

terakeijiban01.jpg

本日9/1でこのブログは満6年になりました。
更新がスローペースなのに、皆さん、いつも閲覧して頂きありがとうございます。
7年目もよろしくお願いします。(^-^)

仕事は、いつの間にか抜け出せないビルメンの世界にどっぷりはまってしまったようです。
現在のビルメン会社は3年目になります。

写真は街中を歩いていて発見したある寺の掲示板です。

「何が起こるかわからないのが世の中
何をしでかすかわからないのがこの私」

仏教にしては、何か意味深でちょっと不気味な暗示にも思えるので撮っておきました。
何の宗派かはわかりませんが、私も良い意味で大きな資格を取ったりしでかせたらいいなと思いました。(^-^)

ビルメン上司の警告?

mukui.jpg

私の勤めているビルメン現場は、働きやすい所だそうです。
いろんな現場から転勤・転職してきた方々が口をそろえて良いというので間違いなさそうです。
しかし、何もかも良い事ばかりというわけにいかないのが世の常のようです。

当現場の良くない点は所長です。
今回はその点について書いてみたいと思います。

所長は60代前半。仕事は大変出来て知識も経験も豊富です。
設備トラブルやオーナー対応では非常に頼りになる存在です。
所長がしっかりしているから、ほかの設備員は、まったりビルメンライフが堪能できているといってもいいでしょう。

しかし所長はすぐにカッとくる人で、口汚く人を罵倒します。
ふるまいは横暴で、気に入らない部下を転勤させて辞めさせたりしています。
「パワハラ」という言葉ができた現代でも、ビルメン業界ではまだこんなことがまかり通ることがあるのです。
本社にしても現場設備員たちにしても、所長の勝手にさせておけば、結局まったりと日々が過ぎていくので誰も何も言いません。
所長の天下です。

でもそんな所長でも65歳になれば辞めなければいけません。
65歳以降も居座る方法としては電気主任技術者に選任されることです。
当現場は特高受電現場で電験2種の資格がいります。
最近所長が電験2種の勉強にかなり熱心になっているのは、おそらくそういうことでしょう。


所長の警告

最近ですが、所長が電験2種の勉強をし出してから、同僚のA君が所長に転勤させられました。
A君は40代前半で、今年度、電験2種にほぼ合格するであろう電気主任技術者候補だったのです。
まさかそこまでするとは・・・

実は転勤の話がA君本人に伝えられる前に、所長は私を個別に呼びつけて言いました。
「Aを転勤させる。わかったな」と。
私は何で呼びつけられたのか意味が分かりませんでした。

他の同僚に相談したところ、私も今年電験2種を出願したからではないか?と。
つまり所長の真意は「電験2種を取得するなら飛ばす」という警告だったのではないかということです。


私は所長には電験2種の受験断念を伝えました。
すると所長は「向上心は持ち続けないとアカンで~」と言つつも、嬉しそうでした・・・コワ

頭の良い人

daigaku.jpg

今のビルメン会社に来て2年になりました。
ここに来て後輩の追い上げがすごいです!

昨年入ってきた大卒者でビルメン未経験の後輩たちは、物事の呑み込みがとても早くて、仕事の出来もとても良いです。
彼らは資格もどんどん取っていっています。文系なのに第二種電気工事士、第三種冷凍機責任者をたった1回で合格し、電験3種を入社前に取得しています。ちなみに私は第二種電気工事士は5年、第三種冷凍機責任者は10年かかっています。

彼らは人間関係も上手です。いろんな人間に対応できて、話していても楽しいのです。彼らは本当に頭が良いんだと思います。私をはじめ、職場の一般的な職員は彼らには出世という面では、遠くない未来に追い越されるでしょう。

私は資格取得で彼らに追いつかれました。これからは逆に彼らの効率の良い学習法を教えてもらおうと思っています。40代半ばを過ぎると定年まで10数年なので、もし教えてもらって今まで5年、10年かかっていた資格取得が2、3年になれば大変なメリットです。
プロフィール

赤い左辺

Author:赤い左辺
資格で就職に何度も失敗しました。40を過ぎてから資格取得は、マイペースな趣味にしていこうと決めました。
資格じゃない記事も書きます。そっちがメインかも?(^^ゞ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる