fc2ブログ

高圧/特別高圧電気取扱作業者

kouatudenkitoriatukai.jpg
2021(令和3)年10月取得

この資格は低圧電気取扱い特別教育の高圧/特高版です。
(低圧電気取扱い特別教育の当ブログ記事はこちら

私は仕事で高い電圧を扱うことになったため、会社が推奨する機関で受講しました。この資格は講習機関によって名前が微妙に違っていますが同じものです。講習内容は学科11時間と実技の2日間となります。

受講した機関は一般社団法人 建設不動産総合研修センターです。学科講習はすべてオンラインで、実技講習は受講者各自が職場で行うという形式です。私は当初、オンラインなんて受講したかどうか証明しにくいんではないか?と疑問をもっていました。しかしいざ受講してみると、動画の早送りはできませんでした。巻き戻しをすると、その単元を最初からまた見ることになりました。(しおりを指定するとその時点からの再生になる)

このような再生の制限を解除できる人も中にはいるでしょうが、ほとんどの人はガッツリ11時間受講することになります。講習テキストについてはPDFで配布されています。修了証は写真の通りちゃんと発行されました。全体をとおして対面受講と遜色ないものでした。


スポンサーサイト



ブログ開設から10年

taiyoukoopaneru.jpg

9/1で当ブログ開設から10年になりました。当初はこんなに長く続くとは思ってもみませんでした。月一回くらいしか更新してませんが、それでも読んでいただいたり、コメントをくださる皆さんのお陰です。これからも宜しくお願いします。(^_^)

9/1から太陽光発電の管理会社で勤め始めました。どういう業界かよくわからないまま入りましたが、前回記事「引継ぎと入社準備」で人生省エネさんがコメントで書かれた通りでした。

私がもっとも心配したのは生活が成り立つのか?という事でした。まだ初任給もいただいてないのですが、会社の皆さんの状況を見る限り大丈夫だと思われます。

出世に関しては、資格の等級や有無は全く関係ありません。電気の資格を一切持っていない人もエリアの統括責任者や所長をすることが多いです。因みに私の勤め先は、所長が電験三種で部下は電験二種と無資格者という感じです。

仕事をしていて、これから色々な人的問題も出てくると思いますが、その辺りは前回記事にある田舎ビルメンさんのコメントが参考になると思っています。とにかく日常の仕事と年次点検までをマスターして、この業界でやっていけるように頑張りたいと思います。(^-^)

引継ぎと入社準備

tukementyaahansetto.jpg

最近は退職に伴う引継ぎと、次の会社の入社準備に追われています。

後任探し

今勤めている現場では、電気主任技術者の選任をされていますので、辞める時は法律上、後任の主任技術者を用意しなくてはなりません。普通の転職なら〇月〇日に退職しますと事前に通告していれば、その日にスパッと辞めることになります。
電気主任技術者であっても、退職日を事前に通告して辞められなくもないですが、その場合は後任を会社がなんとしてでも用意しなくてはなりません。
私は転職先の会社から、穏便円満に退職してくださいとお願いがあったので、今の会社が後任を用意するのを待つことにしました。

後任

私は後任が見つかるか不安でした。当現場は、他現場のように夜勤や残業が無いので、給料が手取りで月10万くらい低いからです。このまま辞められなかったらせっかくもらった内定がなくなるかもしれませんでした。
 
ところが会社はすぐに後任を用意してくれたので驚きました。なんと後任の人は自分から手を上げて引き受けてくれたそうです。10万も給料が下がるのになぜ???・・・まあ、とにかく引き受けてくれたのですから有難い事です。

お礼

後任の人は学者肌で電験一種の試験合格を目指しています。以前別の現場で一緒に仕事をしたことがあるのですが、その人は夜勤の時間が空いた時は職場にあった電験一種の本や電気の辞典ばかり読んでいました。

私は給料が10万下がっても自ら引き受けてくれたこの人に最後にお礼をしたいと思いました。それでその人がお気に入りの電験一種の本をプレゼントすることにしました。喜んでほしいな。(^o^)
zoutouhon.jpg

転職予定

momotyan.jpg

写真は友人の家猫ももちゃんです。
この写真を撮ったあと、ももちゃんは私の腕から手のひらにかけてガブガブ噛んでご満悦でしたf(^^;

本題ですが、近々転職する事になりました。

原因は貧困です。手取り月給がピークから10万円ダウンして苦しいためです。毎月赤字で、口座残高が無くなったらおしまいです。即ちもう食べていけない状態です。

転職先は太陽光発電所のメンテナンス会社です。ビルメンを離れて生きていけるのか?という疑問はありますが、すでに死に体なので動かざるを得なくなりました。(*_*)

私の電気経験は、低圧側の漏電や地絡を対処したり年次点検の立ち会いをしてる程度です。転職先では特高で発電側ときてますから、今の私は未経験みたいなものです。電気アレルギーが無いくらいです。一から頑張ろうと思います。(^-^)/

刈払機取扱作業者安全衛生教育

karibaraiki01.jpg
karibaraiki02.jpg
2021(令和3)年5月取得

この資格は安全衛生教育なので、厳密には資格ではありません。いわゆる草刈り機の安全講習です。この講習を受けずに刈払機を使っても法的には全く問題ありません。
一日だけの講習で授業のあとに1時間の実技がありました。

公共事業で刈払機を使う場合には、この講習の修了を必須とする場合があります。

刈払機の写真
karibaraiki03.jpg


私は今までに数回ですが、刈払機を使う機会がありました。ちゃんと教わる事なく適当に使っていました。周りで使っていた人たちもそうでした。

この講習は受講して良かったです。
丸い刈刃の切れる場所は左上1/4周である事を知りました。なので刈払機は左にだけ振って草を刈り、刈刃の半径の距離だけ前に進んでいきます。刈刃の右上で固い物に当たると刈払機が跳ね返るキックバックという危険な現象が起こります。
私は適当に左右に大きく振っていたのでムダと危険が多かったことを知りました。

また危険回避については、斜面で上下に並んで草刈りする上下作業が危ない事も知りました。

燃料に関しても、ハッキリと知らずに混合燃料を作ってたのですが、今回で明確に分かりました。最近では混合済み燃料で長期保存できるものが売り出されてる等の新しい情報も得る事ができました。
プロフィール

赤い左辺

Author:赤い左辺
資格で就職に何度も失敗しました。40を過ぎてから資格取得は、マイペースな趣味にしていこうと決めました。
資格じゃない記事も書きます。そっちがメインかも?(^^ゞ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる