fc2ブログ

動けばOK


DSC_0840.jpg

今日は一年間の仕事の山、全館停電の電気設備点検が終ってホッとしているところです。ビルメンという仕事はルーチンワークに陥りやすいので、年1回のこの日はヒヤヒヤしますね。(^^)ゞ 

電気温水器故障

さて本題です。
最近、中央監視室の流し台から時々異音が聞こえるようになりました。いろいろ探っているうちに、流し台の下にある電気温水器のリレーがバタついてるのを発見しました。発見から間もなく異音は無くなり、流し台からお湯が出なくなりました。

リレー基板交換

私はリレーがとうとう駄目になったかサーモスタットの故障だと考えました。まず、部品取りになっていた別の電気温水器からリレー基板を取ってきて交換してみました。しかしお湯は出ませんでした。

サーモスタットにボタン?

サーモスタットが駄目かな?交換ならタンクの水抜きをどうしようか・・・と悩んでると上司や先輩から「赤い左辺くん。もうあきらめなよ。我々では手に負えない。オーナーもお金無いし」とのアドバイスが。そこであきらめましたが、最後にサーモスタットに何やら赤いボタンがあるのを見つけたので、ダメ元で押してみたら給湯が復旧しました。

動けばOK

給湯が復旧したものの、以前よりお湯がやたらと熱い。混合水栓なので水を多くすれば適温にはなりますが・・・。これはやっぱりサーモスタットが駄目だから交換しなきゃ。そもそもあのボタンは何だろう?そう悩んでると上司や先輩から「お湯が出ればいいよ。OK,OK(^o^)」とアドバイスが。

まあいいか(^^)♪
スポンサーサイト



電験ビルメン

kyoukotu.jpg
最近、ネット検索していて非常に驚くことがありました。それは人間の骨に胸骨や胸軟骨があることです。私の記憶では、それらの骨は絶対無かったのですが・・・。さらに驚くことに、私と同じ認識の人がかなりいるのです。上記の絵で言えば、左側が私の記憶。右は正解。

このように大勢の人々が現実と違う記憶を持つ現象をマンデラエフェクトというそうです。しかしこのマンデラエフェクト、科学的に検証される対象でないらしく、オカルト好きの方々のエンターテイメントになっているのです。

ろっ骨に関する過去の記事や画像を検索してビックリ。ちゃんと胸骨、胸軟骨で引っ付いている!なんか過去が書き換わったみたいな感覚です。私としてはエンターテイメントでなく、科学的検証をしてほしい所です。

電験ビルメン

さて本題です。
電験を取得してビルメンをやっていると、なぜ選任に手を挙げないのか?なぜ保安協会に転職しないのか?と聞かれることが多いと思います。私は選任されずにビルメンをすることが居心地が良いのですが、この認識はひょっとしたら向上心の無い怠け者なんだろうか?と心配になりました。

我がビルメン会社の場合

そこで我がビルメン会社の統計を調べてみました。我が社は全国規模の会社で、電験3種は約500人で電験2種は約70人ほどいました。選任が必要な現場数はこの人数よりずっと少ないです。また我が社には電気保安部隊がありますが、この人数もこれよりずっと少ないです。すなわち電験があっても平凡なビルメン生活を送っている人が圧倒的に多かったです。
私の身近な社内非正規ビルメンにも電験3種、2種は複数いましたので会社の統計は嘘ではないと思います。

電験ビルメンは単なる一社員

電験ビルメンは、我が社では単なる一社員。もしかして全国的にみれば向上心の無い怠け者かもしれませんが、他社は他社。我が社は我が社。それが結論として私の中に腑に落ちました。

私は入社面接のとき、他社でもあったように正社員管理職を打診されましたが、その場で速攻で断りました。ビルメンで働きたいという意向を汲んでくれて、以降は管理職の話は持ってきませんし、私はゆったりと非正規ビルメンを謳歌することが出来ています。いい会社です。

SSDデータ救出

SSD04.jpg

ビルメンをやっていると、設備の故障を一時対応まではすることが多いです。にっちもさっちもいかなくなってから業者さんにお願いすることが多いです。今回はPC関連の故障です。

外付けSSDが認識できない

SSDを外付けにして補助記憶装置として使っていました。上記写真の通りUSB~SATA変換を通してPCに接続していたのです。SSD内には数十GBのデータが入っていました。最近になってPCでSSDが突然認識できなくなりました。

故障の状況

原因をあれこれ調べて物理故障と分かりました。SSD自体が500GBあるので修理となると高額になります。数十GBのデータが実質パーになると思うとゾッとしました。

故障原因

SSDを開けると下記写真のようになっています。
SSD05.jpg
SSDが認識できない原因は、コントローラーの接触不良が多いです。コントローラーは従来のICやLSIのように、端子が周囲にあるタイプではありません。裏面全体に多数のボール状のはんだの端子があるのです。ここが熱ではんだが割れたりして接触不良になっていたと思われます。コントローラーの上の薄紫の物は放熱シートです。かなり発熱する部分であることが分かります。

ビルメン流一時対処

原因はコントローラー裏端子の接触不良なので、コントローラーの上から手の力で基板にグッと力を入れました。気を付けなければいけないのはコントローラーは通電中は非常に熱くなるので、軍手を二重にして行いました。
SSD06.jpg
こうするとPCでSSDが認識できる力加減があります。その点で我慢をしてジッとそのままにしてデータを救出しました。

データは救出。SSDは放棄

根本を治さず一時対処なところがビルメン流です。データ救出は出来ましたが、SSDは放棄なりました。高額な修理代が出せれば、ここから先は業者さん任せでしたが。

特種消防設備点検資格者

tokushushoubsousetubitennkennsikakusha.jpg
2023(令和5)年10月取得

この資格について

この資格は消防設備点検ができる資格です。
点検できる消防設備の種類によって第1種、第2種、特種の3つがあります。

(第1種)
1類、2類、3類、6類
(第2種)
4類、5類、7類
(特種)
特類

第1種、第2種の当ブログ記事については下記リンクをクリックして下さい。
第1種消防設備点検資格者
第2種消防設備点検資格者

講習・試験

第1種、第2種と変わらない形式でした。講習では講師が「ここが重要です」と言った箇所が試験に出て、試験はテキスト持ち込みOKでした。私は特類の設備=特殊消防用設備とはどんなものだろう?と思ってたのですが、講習のほとんどは特類以外の消防設備全般の復習や、特類の法的位置づけが大部分でした。私が知りたかった特類そのものについては、サラッと流した程度でした。

特殊消防用設備

消防設備士でいう特類は特殊消防用設備をいいます。1~6類に単純に新らしい類が加わったわけではありません。他類とは認定が大臣認定であったり法的位置づけが違います。認定件数もかなり少なく、令和3年3月31日で、10種類・73件しかありません。
tokushushoubou03.jpg
講習テキストより

10種類とはいっても内容は多岐にわたっていて、講習で一つ一つ具体的に説明する時間は無かったと思われ、サラッと流した程度だったのだと思います。

スケジュール

講習9/5〜9/7
合格発表日9/27
免状発送10/16

消防設備士(甲種第2類)

shouboukou2.jpg
shouboukou2-2.jpg
2023(令和5)年10月取得

今回の資格は5回目の受験でようやく合格しました。
なかなかうまくいかずに約1年間も受験し続けました。今回は駄目な観点から反面教師的な記事を書いてみます。

数を打つ

shouboukou2-01.jpg shouboukou2-02.jpg
shouboukou2-03.jpg shouboukou2-04.jpg
上記は不合格通知の写真です。小さくて見えにくいですがそれぞれクリックで拡大します。写真は受験順で、それぞれに得点が書いてありますので参考にしてみてください。

免除で失敗

5回の受験のうち、最初の3回は免除を使いました。特に2回目59%、3回目59%であとわずかという所で筆記突破に失敗しています。免除はある程度得点の見込みがある場合に使うのが良いと思いました。

参考書を渡り歩き

私は参考書を結局3冊も買いました。参考書はそれぞれにレイアウトや表現が違っていたりします。それぞれに合わせて読んでいくのは力の分散につながったのかもしれません。

他県で同問題出題

複数回受験していると同じ問題が他県で出てている事に遭遇しました。しかし私は試験後の復習などしていなかったので、チャンスを活かせませんでした。特に製図試験の1問が他県で出た問題だったのに解けなかったときは何と残念な事をしたのかと思いました。たとえ他県の情報であっても、情報収集できるのであればやっておいた方が良いと思います。
プロフィール

赤い左辺

Author:赤い左辺
資格で就職に何度も失敗しました。40を過ぎてから資格取得は、マイペースな趣味にしていこうと決めました。
資格じゃない記事も書きます。そっちがメインかも?(^^ゞ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる